トランクルーム活用

トランクルームどうも自分には建物を建てるようなことは面倒だ、投資の必要がない土地活用法はないものかと考える向きもあるでしょう。そのような場合に、ここで少し目先を変えた活用法を調べてみました。これは、賃貸のトランクルームとしてコンテナハウスを設置する活用法です。

トランクルームとは、収納スペースとして利用者にレンタル提供するサービスです。そのような収納ビジネスを専門に行っている業者がいますので一度調べてみてはいかがでしょうか。これは地形を問わずに有効な土地活用ができるのが魅力です。初期投資が少なくて済みますので、利回り性は抜群によいでしょう。定期巡回で点検や清掃等も行ってもらえますので、物件を安全に管理することができます。

トランクルームの設置が少ない地域ですと、コンテナに空きを作らずに利用者を得ることができますので、そのような土地をお持ちでしたら、ぜひ検討してみてはいかがでしょう。現在、駐車場として活用しているという人も諦める必要はありません。なぜなら、駐車スペースの上の部分の空中にトランルームを建てることが可能だからです。ますます見逃せない土地活用法と思いませんか。駐車場の収益だけでは満足していないという人も、この機会に資料を取り寄せてみるとよいでしょう。利用者の声なども参考にしてみてください。

土地活用の確認事項

確認次に、基本的な確認をしておくべき項目についてお伝えしましょう。土地に建築するにあたり確認しておく点ですが、まずは延べ床面積です。敷地の面積に対して建築可能な面積の割合のことを建ぺい率といいます。この数字に容積率の割合が加わり、建てられる階層や、延べ床面積が決まってくるというわけです。

それから、建築基準法で決まっていることですが、建築物は幅員が4メートル以上の道路に接している必要があります。接している道路の幅員がもしも4メートルに満たない場合は、道路の中央から2メートルまでは建物を建ててはなりません。尚、これに該当する部分は建ぺい率と容積率の計算には含まれないことになっています。このように、建築可能な床面積がどのくらいあるのかによって、土地の活用度というものが大幅に変わっていきますので、事前にきちんと確認しておかねばなりません。

また、防災地域に指定されている地域ですと、耐火建築物にしなくてはなりませんので、コストアップに繋がりますし、地盤が良くない場所も、地盤の改良費用がかかります。それから、アパートなどの共同住宅は建てられない地域があることも覚えておきましょう。それらは市街化調整区域、工業専用地域、建築協定区域等ですので、これらの地域に該当するようなら、他の活用法を考えねばなりません。

土地活用と業者

業者に相談先に書いたように、土地活用の方法は駐車場にしたり住宅を建てたりなど、選択肢がさまざまですので、自分の土地にはどの活用方法が向いているかが分からずに、悩んでしまう人も多いでしょう。そんな時、あなたならどのようにアドバイスをしますか。専門の業者に相談してみるとよいと答えるかもしれません。

しかし、これは一見すると正解にも聞こえますが、気をつけなければならない点でもあるのです。業者は必ずしもあなたにとって最適な土地活用を薦めているわけではないということです。業者にも利益は必要です。その提案内容は決して悪いものではないかもしれませんが、あなたの土地を最大限に有効活用するということにはならない可能性があります。

では、業者を見分けるコツとは一体なにでしょう。その答えは簡単です。一社からだけではなく、これと思った数社に伺いをたててみるのです土地活用にはさまざまな視点から多くの選択肢がありますが、最も重要なのは、その土地に適した活用方法であるかどうかということです。業者にとっての得意分野を薦めてくるようではいけません。住宅地であるか商業地であるか、土地の広さなどのいろいろな条件から総合的に判断してくれるところに、まずは的を絞ってみてはいかがでしょう。

土地活用をスタート

土地活用土地活用をスタートさせる時に、まず、一番に念頭に入れておきたいことがあります。それは、今ある土地を最大限に有効活用するということです。土地活用を進めていくには、大きな借り入れが必要になることも多く、また、いったん着手すると気軽にやり直しがききませんので、土地活用に取り掛かる際には、慎重にプランニングをする必要があるということを覚えておきましょう。それでは、土地活用の用途について考えてみます。

まずは、売却などをして処分するか、または賃貸として活用するか、この二点に分かれます。売却で考えている方は、必ず専門家に相談したり、複数の業者に査定をしてもらいましょう。最近ではインターネットで一括土地査定を行っているサイトもあります。自分が納得する見積りがでれば、手続きへと行しましょう。しかし、今回は賃貸活用する場合について述べさせていただきます。賃貸としての用途にはどのようなものがあるかといいますと、駐車場や貸宅地として活用する場合、または住居用としてアパートや戸建住宅や社宅を建てたり、事業用として店舗や倉庫を建てるなど、選択肢が分かれます。ここで固定資産税について少し触れておきましょう。固定資産税は住宅用地と非住宅用地とでは課税金額が異なるのはご存知でしょうか。住宅用地の場合は、敷地面積が200平方メートル以下ですと通常の1/6で済みます。しかしこれはあくまでも土地に関してのことで、建物には別途に固定資産税がかかることを忘れないようにしましょう。

このような建築計画などの相談相手になるのが業者ですが、さまざまな業者にはそれぞれ得意とする住宅タイプや分野があります。提案の種類は多種多様になってくるでしょう。だからこそ、最初の段階で業者の選択を間違えてしまうと、せっかくの土地が最大限に活用されず、収益率が低くなるという事態をも招きかねません。下調べはじっくりと行いましょう。